豊かな時間と心と夢を育む家にしよう

泥棒被害は雨の日が多い?

知人の家に泥棒が入ったのですが、泥棒って雨の日に入るんですね!暗くて人通りが少なくなるからなのだそうです。雨戸を閉めていない窓から侵入されたそうで、ガラスを割られて鍵を開けられて入られたそうです。
雨戸って閉めると暗いから面倒だし、つい閉めずにいるのですが、閉めているのといないのとでは防犯上の違いが大きいと感じました。また、入られた窓のところは隣家と死角になっていたようで、灯りをつけていなかったのもまずかったと知人は言っていました。
前に何かで明るくしておくと、泥棒が作業しやすくなるから…と読んだことがあるのですが、やはり暗いより明るいほうが入りにくい感じがするので、点灯は必要だと感じます。
侵入するのに時間が掛かるところは入られにくいと言われているので、狙われそうな場所には、ガラスの瓶を置いておいたり、自転車を置いておいたり、と踏み込みにくそうな雰囲気にしておくのも一考かと思います。身近な人から泥棒の話を聞いて背筋が寒くなりましたが、物を取られるだけならまだマシ。昨今は、殺されたりもする場合もあるので気をつけねば…と防犯点検に力を入れています。

Copyright (C)2017豊かな時間と心と夢を育む家にしよう.All rights reserved.